パイピング修理の手順

Pocket

バッグのパイピング修理を行う際には、正しい手順に基づいて行われます。細かい点については業者によって若干の違いはあるものの、基本的な面ではそんなに違いはありません。では、一体どのような手順でパイピング修理がなされるのかについて、ここでは見てみましょう。

パイピング修理においては、まずは破損した部分を一旦壊すことからスタートします。既に破損しているということは、そのままの状態で中途半端な修理を行うわけにはいきません。そんなことをするなら、破損の部分をまっさらにする方が、後になってスムーズに修理をしやすいのです。この工程が完了したら、革を裁ち、切った皮をバッグ本体に貼り付けるようにします。そして最後に、作業の初期の段階で分解した部分を通常の状態にします。パイピング修理では、どちらかと言うと部分的に行いますが、そうすることでバッグそのものの持ちが良くなるのです。壊れた箇所がそんなに大きくないからという理由でそのまま放置してしまえば、後になって取り返しがつかなくなることもあるので、その点は注意しましょう。

バッグの角の修理手順は、そんなに難しいものではありません。極めてシンプルな工程を経ることで、バッグが理想の状態になるのです。